人気ブログランキング |
しょもない記事で何日か引っ張りましたが
この頃は人生すべてネタと思うことにしている。
何でもかんでもネタにしていいわけじゃないけど
ま、いいじゃん、ネタになるじゃん、と思えば
何があっても気が楽。
(⋈◍>◡<◍)。✧♡ 

同じネタでも、この方は・・
b0119525_19082518.jpg

癒される。
可愛い。
何かとちょっと面倒ではあるが。

相変わらず食欲のかたまりで、ごはんに向かって突進する。
わかりやすい。
なんでこれほどご飯がうれしいのかな?
ジーナはいつも直球勝負なので
こちらもしっかりミットを構えます(-_-;)(。・ω・。)ノ♡

b0119525_19142575.jpg

ジーナのおかげでブログを始めて
もともと写真や書くことが好きだったので
なんだかんだとこれまで続けることが出来た。
全くの自己満足ブログだけど、
それなりのつながりには本当に感謝しています。

当初のスタンスとして
楽しい事や美味しい事以外はあえて書かないようにして来たので
おきらく必殺遊び人のポジションは死守!
しかしながらトシもトシだし、
あれこれ身体の障りも出て来たことでこれからは少しずつ本音も・・
(;゚Д゚)!!?

せっかく手術したなら
生来のへそ曲りも治してもらったら良かった。
(家人もそういって言っていた、プン)

順調に回復しております、ありがとうございます。
今更ですが、お見舞等は切にご容赦。








大昔、私が高校生だった時に初めて盲腸の手術をしたのだが
その時は開腹手術だったし
麻酔の背中の脊椎注射が痛いのなんの
部分麻酔で意識は残っているから緊張と怖さで
もう二度と手術はしたくない!
と強く思ったせいか
その後は大した病気もせずに生きて来られた。

しかし、
医療ってびっくりするほど進歩しているのですね!
〇十年後の今回は全身麻酔の腹腔鏡手術で
点滴麻酔で気が付かないうちに意識がなくなり
気が付けば手術は終わっていた。
夢も見なかった。

さて、入院中の病院食でナンバー1に輝いたのはこれ。
夏野菜チキンカレー

b0119525_19194367.jpg

ごはん180、
福神漬け15、ラッキョウ7(g)
ツナサラダ、フルーツ

食べた後はトレーを乗せる大きなワゴンに下膳するのだが
この回が皆さん一番食べ残しが少なかったようだ。
(おきらくおばちゃんの必殺チェック!)

毎食撮影してるので参考まで。

b0119525_19312911.jpg

注・真ん中ご飯のふりかけは
家から持ってきてもらったものです。
大体のところは全部食べた。

今回初めて体験したのは加圧ソックスとふくらはぎのマッサージ機。
寝たきりで動けない場合の、いわゆるエコノミー症候群を防ぐために
白いキツキツのハイソックスを履きます。
その上に何やら巻かれたものが
自動でふくらはぎのマッサージをしてくれる。

b0119525_19382619.jpg

最初は気持ち良かったけど、一晩中となるとうざい。
しょっちゅうぐぃーんてなるので落ち着かない。
友人の夫君が入院した際もやはりこのソックスを履かされたそうで
彼は「王子さまの白いソックス」と呼んだそうな・・((´∀`))

歩けるようになれば外してもらえます。
次々に管が外されていくのは快感。
シャンプーもシャワーも出来る。
うれしい。

てことで今回も無事に帰宅できたのは何よりだった。
ひとつ、我儘な患者の言い分。

病室にもWi-Fi入れてくれ~。
(すいません、スルーして)








よほどでない限り、出されたものは全部食べます。
よほど、というのは
あまりに量が多いとか、体調が悪すぎるとか、
すごくゲテモノとか以外。
もともとほとんど好き嫌いがないのと、戦中派に育てられたせいか
食べ物の有難味は良くわかっているつもり。
なので病院食もしっかりいただきます。

入院1日目は昼食を地下の院内食堂で試してみた。
私:日替わり定食(ドライカレー)650円
夫:タンメン  500円

b0119525_20030196.jpg

ふむ。
なにせこのお値段ですし・・

術日の前夜は普通食。
でも夜中には下剤を飲んで、
翌朝早くにはしっかり腸をきれいにして、手術は朝イチの8時台だった。
術日は一日中と次の日の朝までは飲食禁止、お水もダメ、点滴のみ。
さすがに痛みと身動きできないのがつらかったので
お腹すいた~とか思う余裕はなし。

ちょっとウトウトすると看護師さんが血圧と体温を測りに来るし
昼から夜に交代する看護師さんがご挨拶がてらの様子見とか
(逆もあり)
その上私の場合はいつも心拍数がすごく少ないので
看護センターの心電図モニターがしょっちゅうピポピポで
そのせいもあったかもしれない。

術後翌日昼は患者本人が回復する気マンマンなので
午後にはつながれていたものも全部外してもらえ、
お昼は三分粥、夜は五分粥。

b0119525_20451221.jpg

人間て食べるものが健康のバロメーターになるんだなぁって
あらためて思う。
しかし病人とは言え記録魔の私、我ながら良くやる・・ 
というか、こういう趣味でもなければもっとヘタっていたかもしれない。
ヨシ、ご飯写真を撮るぞと思えば
1~2時間くらいは何となくワクワクできたし (;^_^A
思いがけず、趣味に感謝。


術後3日目、4日目は余裕さえ。
世の中には重い病気で苦しんでいる方もいるのに
こんな軽い記事ですみません。
でも次もまだ続く。