寒い~~。
早くほんとの満開の桜が見たい!

b0119525_13013576.jpg

めでたくもあり
めでたくもなし わが誕生日

b0119525_19440933.jpg

とは言え、
F子さん、素敵なカードを有難うございました。
S子義姉、おしゃれで美味しいお菓子をいつもありがとうございます。

b0119525_19445071.jpg

友人、身内、メールとラインのお祝いメッセージ感謝。
こんな私ですのに、、、

なんだかな~、
うれしいのと先々の不安と心配と
何やってんだろ私という、
いろいろな感情が入り混じった
複雑な誕生日ではあったが
今日の日は素直に 以上でも以下でもなく

これでヨシ!    ヨシ幾三・・!




ヒンシュクを承知であえて書きます。

つい先日、
東京の八王子でゴールデンレトリバー(4才・オス37キロ)が
飼われているお宅の孫娘さん(10カ月)の頭を噛んで
死亡させるという事件(事故)が起きた。
他人ごとではない。
私はこの頃テレビを見ないのでネットニュース主体なのですが
かなりの本数で伝えられていた。
ゴールデンの飼い主であり、同じような孫を持つ身としては
胸が痛んで仕方がない。
あり得ない、そしてあってはいけないこと。

我が家でも同じような場面がついこの間あったばかり、
でも、こんな状態を微笑ましく受け止めて見ていました。

b0119525_20014230.jpg

ジーナは11歳、メス28キロ、
孫は11カ月。
なんら心配なく見ていた。
もちろん噛んだり襲ったりしないということを確信していたので。

ゴールデンレトリバーという犬種は本来とても穏やかで
人間が大好き、甘ったれで乱暴なことをする犬ではない。
なんでこんなことが起きてしまったのか、
ほんとにショックでなりません。

もしかしたら噛んだのではなく咥えただけかもしれない。
動くものに単に興味が働いたとか
危ないからこっちにおいでとか?
大きいオス犬だから咥える力も強かったのか?
そんなことを言っても赤ちゃんは亡くなってしまったので
本当に取り返しがつかない。
誰の気持ちを思っても言葉が出ない。
痛ましいと言うことすら憚られるような気持ちです。


なんでこんなことが起きてしまうんだろ。
この頃私は神さまを信用しません。






昨年4月に右膝の痛みがかなりひどくなって
だましだましやっていたテニスを休止した。
痛み止めで歩く事は出来たので
5月に予定していた旅行のためにも無理したくなかったし。
水抜きやステロイド注射も何回かしたが
これがまた痛いんだよね、もう。

7月にそろそろ大丈夫かと過信してテニスレッスンに行ったら
またもやグキっと来て
その日は歩くのもままならず。
しばらく様子をみながらおとなしくしていたが
一生こんなんだったらどうしよう?とほんとに不安になった。

関係ないけど
お正月に植え替えた寄せ植えの花たち。

b0119525_17172708.jpg

で!


意を決して9月からプール通いをはじめました。
目的は膝まわりや腿の筋肉を鍛えること。
水着なんて絶対着ないと思っていたけど
プールにはもっと立派な方もいらして( ゚Д゚)
それよりなにより
第一に水の中は意外に楽しいのだった!

で!!

6か月たった今、
なんと膝はもう痛くありません!
それどころか1000mも泳げるようになってしまった。
最初はコースロープをくぐるだけで溺れそうになったのに。
(もちろん全部通しの1000ではないですが)

はじめは水中ウォーキングのみ、
縁につかまってのバタ足、
アクアビクスのクラスが楽しくてその日はいつも参加。
そのうちちょっと欲が出てきて
中学の時以来の背泳ぎをしてみたら何だか楽しい。
今はネットで泳ぎ方とかも出ているし
少しずつ上達して距離がのびていくのがうれしくて。

来月からはいよいよテニスも本格復帰します。
こんな日が来るなんて信じられない思いで
つい喜んで書いてしまいました。

いろんなことは他にもあるけど、
人生万事塞翁が馬  ・・・と思いたい。