カテゴリ:趣味( 25 )

昨日、思い立って上野の東京都美術館へ。
b0119525_20230272.jpg

b0119525_20212854.jpg

サブタイトルが 「称賛と誤解だらけの、20世紀最後の巨匠」
何が称賛でどこが誤解なのか?
手っ取り早く、パンフから写真をお借りします。
(↑の作品:夢見るテレーズ
(↓の作品:美しい日々

b0119525_14295815.jpg


b0119525_14301555.jpg

私が知ったのは実は節子夫人の名前の方が先だった。
新聞のコラムの連載で見た夫人の着物姿が印象的で。

バルテュスは?というと
正直に言うと今まであまり好きではなかった。
作品の少女モデルのあまりにも無防備というか扇情的なポーズが
何となく見てはいけないものを見ているような気がして、、

大人の裸婦像は平気で見れるのに
少女の裸は何だか心がざわざわする。
エロかわいい? エロ美しい?
ちょっと違うな、
何だろうこの危うい感じ。
私の持っている倫理観の一つが何となく拒否していたんだけど
こあたりが誤解のもとだったかも?
今回は音声ガイドを借りてとにかくじっくり見ることにした。


不思議な世界観。(作品:おやつの時間
b0119525_20220290.jpg

一番好きなのはこれ。(作品:地中海の猫
b0119525_20215431.jpg

バルテュスは無類の猫好き。
そして多数の絵のモデルが少女のわけは
少女とは「この上なく完璧な美の象徴」
「大人になる前の神秘性のあるエロス」
であるからだそうだ。

全体で100点を超える展示、
晩年に節子夫人と暮らしたスイスのロシニエールのグラン・シャレ
(もとはホテルを住居に改造したもの、スイス最大の木造建築 ↓)
に残るアトリエを再現した空間、
愛用品や蔵書などの展示もあり、かなり見応えがあります。

b0119525_16282877.jpg

混んでいたので音声ガイドが今回は有難かった。
節子夫人の語り(回想)も入っており
バルテュスはモーツァルトが好きで良く聴いていたとのこと、
BGMにモーツァルトが流れたりします。
(この時点でかなり好感度アップ)

やはり彼らは共に神に選ばれた人たちだったのか?
凡人が頭だけで絵を見て、
もしかしてロリコン?なんて思っちゃって大変に失礼なことをした。

ついでだが節子夫人がバルテュスと会ったのは彼女が20歳の時。
かたや54歳、つまり年の差34歳。
1967年に結婚して2001年にバルテュスが92歳で亡くなるまで
そばで支え続けたその方がこちら。

b0119525_15404409.jpg
本邦初公開という、
夫人がモデルになったエキゾチックな絵も何点か展示されている。
彼はとても日本好みで、展示の中には勝新太郎から贈られた着物もあった。
(座頭市の着物と呼んでいたとか、、)

とにかく絵はナマで見るのが一番。
頭で考えずにただ感じるのが良いと思う。
ただし芸術家の奥さんになるのは大変だ。
夫人の体当たり的人生のようなものもえらく感じ入った
今回のバルテュス展でありました。

(単独行動だったゆえ今回はランチなし)




6月27日に観たもの。

永山裕子展
b0119525_15592285.jpg

高級ブランドと思われるしゃれたお洋服に華奢な体を包んだご本人。
会場に入ったらちょうどデモンストレーション中。
百合のマスキングだけで終わっちゃったけど、
モチーフは会場に贈られた多々のお花の組み合わせ。

ご本人いわく、
私は非常に暗い人間なのでひまわりは苦手。
ひまわりの明るさには、ああ~っ、やめて、来ないで、と言いたくなるんですが
今回は組み合わせで何とか描いてみます。

相変らずバラは幻想的で素敵。
感性と芸術性の違いを感じます。
個人的には器の絵がすごく好きだった。
器だけの絵って珍しいかも。  会場内は撮影禁止。

東急ブンカムラ ザ・ミュージアム
b0119525_9534818.jpg

こっちはまた可愛いの。
ねずみの名前はフレデリック。
ワニがすごく好きだったけど名前忘れた。
写真の右2枚は絵葉書から。

銀座には七夕飾りも出ていたよ。
昨日は新年になってはじめて都心へ。
そういえば都知事が変わったんだった。
b0119525_10461412.jpg

b0119525_10491815.jpg

昨年のA木教室・全6回で
絵のイロハを最初から学んで目うろこだったけど大いに挫折した私。
だって基礎的なデッサン力がまるでないんだもんね。

こちらの三好教室はある意味気楽。
描くのも葉書サイズだし
雰囲気一番、描けないものはなかったことにしましょうというゆる~いお稽古。

教室で用意してくれた小物と一緒の本日のメインは みかん。
b0119525_11365918.jpg

色がきれいだからいいことにする。
ほんとは助六がもっといい男なんだけど、、
b0119525_112122.jpg

とりあえず、今年度描き初め。

昨年からしつこく書いていた  おきらく旅日記  ようやく終了。
今度はフォトアルバムの制作にとりかかる予定。
家の中はいつになったら片付くんだろう、一体。

芸術の秋、到来♪

わが家はいちおう都下なんだけど
道路一本先はY市。
というわけでもないが、Y市民ギャラリー はじめての透明水彩 という講座に
今回二度目で申し込んだところ、応募多数による抽選の結果、定員20名をみごとゲット!
(前回は抽選もれ)
なもんで行ってきました。

ここ ↓
b0119525_19525343.jpg

すごくきれいな施設、
今回は2時間半全5回の特別講座、タダじゃないけどすごく割安。
講師は青木美和先生。

第一回目の今日は

一色で描く風景  (濃さのコントロールと平塗り)
b0119525_2081267.jpg

なんとこの講座、
写真の12色ラウニーの水彩絵の具が皆さんそれぞれに支給。
そして筆、紙もだけど、パレット、筆洗い、ティッシュ、雑巾にいたるまで
全部教室で準備して下さいます。 (これらはもらえない、借りるだけ)

自前なのは自分の体だけという至れりつくせり度。

さて教室は、
今回はあえて一色で色の濃淡を作る。
透明水彩絵の具は水の量で色合いが変わるので先ずはそれのお勉強。
薄い、中間、濃いの色をそれぞれパレットで作って
題材をもとにそれらを塗り分けるという練習。

先生のお手本 
b0119525_20474893.jpg
b0119525_2048586.jpg

同じく先生の参考絵。 
一色だけでもこんな絵が描けるなんて、、。
b0119525_2110277.jpg

なんちゃって、の成果。  ぶ~ 
b0119525_2128481.jpg

色は何でもいいと言われたので、ブルーを選んだのはわけがある。
大好きなこれ。

東山魁夷 白馬の森 (1972年)
b0119525_2123196.jpg

ずうずうしい にもほどがある ?!

教室の最後は次回のための紙の水張りという
なんだかちょっと本格的高級感(?)漂う作業でした。
↓ やり方の説明図。
b0119525_2120734.jpg

透明水彩は面白いっ!


追:
最初の絵の具の説明で
固形、チューブ以外の粉末の顔料も見せてくださって、
これらには毒がありますと。

名前からしてカドミウム何ちゃらとかコバルト何とかやら
確かにあやしい。
これは後日「水彩画殺人事件?」のトリックに使えそう。
こっそりカレーに入れないで下さいと先生も。
動機は不透明ってことで、、??
ギ~ラギ~ラ太陽が♪

コレ知ってる人、化石。。

外は熱風なので本日は必要な事以外はせず、
先月と今月のお絵描き教室のやり残しに着手、
ついでに枝豆の絵も描いてみるという

マメな私。  うふ
b0119525_2126763.jpg

先月の課題はトマト。
トマトの赤は思い切り赤く一気に描きましょう!
今月は先生が撮ってきたヴェネチアの夕暮れ。
空のグラデーションを楽しみながらシルエットはハッキリと。

枝豆は難しかった、、、
悔し紛れにPCで写真を水彩画調フィルターにかけてみたのが ↑ 右下のもの。
そしてこちらは絵をさらにフィルターにかけてみたもの。
b0119525_20452461.jpg

ちょっと雰囲気いいけど、   ふん!
A: ほめられてすくすく伸びるタイプ
B: おだてられるとすぐ調子に乗るタイプ

微妙に違うと思いますが、私  なので調子コキました。。

カバに続け!
b0119525_1413537.jpg

モデルのみなさん
b0119525_17475387.jpg

実物
b0119525_18144327.jpg

b0119525_17571971.jpg

あ~、元が可愛すぎるので 
 それを描くのは至難の技!  

どうやら本犬もちょっと不満そう、、、
b0119525_17553075.jpg

ジーナよ、もうちょっとお待ち。
おかあさん、がんばるから!
その代わりモデル代は日々のおやつとお散歩奉仕でちゃらね。

おまけ (コウノトリ目・ハシビロコウ)
b0119525_18145888.jpg

わたし カバ よね~、

カバさんよね~~♪
うしろ指、うしろ指さされても~~♪♪
(by 細川たかし・心のこり♪)
b0119525_20581643.jpg

これ何に見える?と母に聞いたところ
即座に ブタ! と返されましたが、
正解はこの方です。
b0119525_2125891.jpg

ま、い~か。
だってちゃんと動物を描いたの初めてなんだもん。
行って楽しい、見て楽しい、
おまけに描いて楽しい動物園。
ほんとは現地スケッチのはずだったけど、、、。

こんなのも描きましたが、どうでしょう。
食べ物は特に力が入る種目なもんで。

根津・茶房はん亭
b0119525_2171124.jpg

b0119525_216309.jpg

ここね、すごく良かったです。
白玉は作りたて、ボリュームもたっぷり。

ところで、台風接近中で今すごい風と雨なんだけど
とりあえず今日はあと寝るだけ。

あ、ジーナの写真撮るの、
     今日も忘れた!

やればやるほど楽しい、でも難しい。
昨日の三好教室のお題は
「写真から風景を描く」

先生は相変わらずさくさくっと1枚、2枚描いて見せてくれるのだが
一同、毎度のため息。

私はハガキより少し大きいサイズで描いてみた。
写真は北ドイツのリューベックという町だそうです。
b0119525_1548222.jpg

個人的反省は
左のはちょっと物足りない。(木の形が変!)
右はしつこい。
窓は題材としてはミステリアスで好きだけど、
描き込み過ぎてちょっとくどかったか?

練習にこんなのも描いてます。
超難関のガラスにチャレンジ。
とても素敵なボヘミアングラスなので
欲しいけど絵で我慢しとこう。
b0119525_15421748.jpg

昨日は一日くもり、時々小雨、
夜になって雷雨。

せっかく新宿まで行くから都庁の展望台にのぼってやろうと思ったけど
お天気が悪いのでやめた。
b0119525_9563184.jpg

b0119525_9594627.jpg

b0119525_1002711.jpg

さて、三好スケッチ教室は都庁向かいのビル。
早いもので今回で三期目、ちょうど一年で12回のうち
欠席したのは確か一回だけ。
継続の人とはやっと顔馴染みになったけど
新規の方も今回は結構多かった。

最初はとにかく色あそび
モチーフは葉っぱといろいろなカラフルなお菓子の箱、缶などから
好きに選びます。
b0119525_10382059.jpg

先生のいいところは必ず自分で描いて見せてくれる事と
私の苦手なデッサンを重視しないこと。
葉っぱも、植物図鑑を描くんじゃないんだから、
正確じゃなくてもいいのいいのって。

結果、テキトーに雰囲気だけ出しました。
b0119525_10373978.jpg

家に帰ってから初心に戻って色見本をパレットサイズに合わせて
作り直してみた。
パレットの中に収納しておくという三好テク。
こうしておくと描く時に便利、それにたくさんの色玉を見てるだけで
なんだかウキウキしてくる。
b0119525_1023970.jpg

それにしても
絵を描くとお腹がすいてくるのはなぜかしら?
日中は暖かくていいお天気だったけど
今日は家で  トゥメィトォ~♪  を描いてました。
b0119525_1885261.jpg

先日のキーウィがずいぶん髭ヅラだったので
今回はつるっとした感じを出してみたつもり。
パスタも煮込みもトマト味は大好き。
なんでトゥメィトかというと、ちょっと酸っぱそうに見えるから??

公園の桜の開花状況をお散歩でチェックしたけど
まだまだつぼみが固かった。
いつ咲くのかなぁ、桜。


追:
ちょっと手直し。
塗り直すのも勇気がいる、奥が深いよこの世界も。
b0119525_21512784.jpg

もっと熟れてたほうが美味しいかも?