悲しくてしょうがない

ヒンシュクを承知であえて書きます。

つい先日、
東京の八王子でゴールデンレトリバー(4才・オス37キロ)が
飼われているお宅の孫娘さん(10カ月)の頭を噛んで
死亡させるという事件(事故)が起きた。
他人ごとではない。
私はこの頃テレビを見ないのでネットニュース主体なのですが
かなりの本数で伝えられていた。
ゴールデンの飼い主であり、同じような孫を持つ身としては
胸が痛んで仕方がない。
あり得ない、そしてあってはいけないこと。

我が家でも同じような場面がついこの間あったばかり、
でも、こんな状態を微笑ましく受け止めて見ていました。

b0119525_20014230.jpg

ジーナは11歳、メス28キロ、
孫は11カ月。
なんら心配なく見ていた。
もちろん噛んだり襲ったりしないということを確信していたので。

ゴールデンレトリバーという犬種は本来とても穏やかで
人間が大好き、甘ったれで乱暴なことをする犬ではない。
なんでこんなことが起きてしまったのか、
ほんとにショックでなりません。

もしかしたら噛んだのではなく咥えただけかもしれない。
動くものに単に興味が働いたとか
危ないからこっちにおいでとか?
大きいオス犬だから咥える力も強かったのか?
そんなことを言っても赤ちゃんは亡くなってしまったので
本当に取り返しがつかない。
誰の気持ちを思っても言葉が出ない。
痛ましいと言うことすら憚られるような気持ちです。


なんでこんなことが起きてしまうんだろ。
この頃私は神さまを信用しません。






by kawaii47 | 2017-03-11 20:48 | たわごと(つれづれ) | Comments(0)